七五三とは?いつやるべきお祝い事なのか?

七五三
七五三というのは、小さな子供さんを持ったお家では一大イベントの一つです。そのため、七五三のお参りをしなかった!というようなお家はまずいないかもしれませんね。その代り、神様が宿る神社にお参りをすることにもなるので、様々なマナーを守るということも大切です。ここでは、そんな七五三に関する疑問や大まかな概要についてご紹介いたします。

七五三とは

子供の成長と健康を願う行事

七五三とは、子供の成長や健康を願う日本の伝統行事の一つです。また、七五三でお祝いをする子供の年齢も決められています。昔からの習わしでは、男の子であれば数え年の3歳と5歳、女の子であれば数え年の3歳と7歳が七五三のお祝いをする年になります。
ちなみに、数え年で3歳というのは満年齢でいうと2歳に相当します。こうした子供が小さい頃に成長や健康を祝う理由については、今日のように医学技術が発達していなかったために子供の死亡率が高かったことが大きな理由として挙げられます。

七五三の起源や由来について

七五三の起源は室町時代ともいわれており、本格的には江戸時代の武家社会を中心に関東から全国に広まっていったとされています。とりわけ、上述したように赤ちゃんは体の抵抗力が弱いので、風邪をこじらして肺炎で死んでしまうということもよくありました。
そのため、生まれて3年程経ってからようやく戸籍登録をしたといいます。しかも、3歳から言葉を理解するようになり、5歳で知恵も付き7歳で乳歯が生え変わるなど成長の度合いが顕著に表れると同時に病気にもなりやすいことから、七五三という氏神様にお祈りをする行事が始まったといわれています。

七五三を行うタイミングは

11月15日に神社にお参りをする

七五三を行うタイミングについては、男の子であれば3歳と5歳、女の子であれば3歳と7歳になった年の11月15日に近くにある神社や有名な神社にお参りをします。しかも昔であれば、生まれた年を1歳とする数え年の3歳・5歳・7歳で七五三のお祝いをしていました。

ところが近頃では、生まれて1年後の誕生日を1歳とする満年齢で七五三のお祝いをするケースが多くなっています。また、11月15日に必ずお参りをしないといけないワケではありません。例えば、お母さんが2人目の子供さんを妊娠していれば、体調が思わしくない場合もありますし、当日は神社が込み合うのでその日を避けるという方も多くなっています。

神社にお参りをする際のマナー

七五三で神社にお参りをする際には、何せ神様が宿る所にお参りをすることにもなるので様々なマナーというものがあります。例えば、神社の鳥居をくぐる際には一度立ち止まって一礼をしてから境内に入るようにしましょう。また、参道を歩く際にも参道の真ん中は神様が通る道なので、真ん中を避けて左右どちらか端を歩くようにします。
そして、参道の入口付近にある手水舎(てみずや)で、水をシャクですくって口と手を清めます。まず右手でシャクを持って左手を清め、その後左手でシャクを持って右手を清めます。その後、再度左手でシャクを持って口に水を含んで口を清めます。ただし、口を清める際にはシャクに直接口を付けてはいけません。最後に、シャクを立てて残った水で柄の部分を洗います。

七五三で使う品物は

七五三の服装について

七五三の際には、子供さんを始めとしてその両親共々、どんな服装にすればよいのか気になるところです。一般的には、女の子であれば着物で男の子は袴姿、さらに3歳の女の子は袖なし襟付きの被布を羽織、7歳の時には普通の着物姿にするなど結構ややこしいものです。
しかしながら、正式な服装でないといけないという決まりはなく、男女とも洋服を選んでもとくに問題はありません。また親御さんの服装についても、結婚式のようにブラックフォーマルに統一する必要はありません。あくまでも子供さんが主役なので、キチンとした正装であれば和装洋装は問いません。

お参りをする際の初穂料

初穂料とは、神社にお参りをして神主さんに祝詞をあげてもらったり、祈祷を受けたりする際のお礼の印です。その金額については5000円が一般的な相場ですが、1万円とか5万円といったように神社によって金額的な幅があります。
また本堂で手を合わせてお祈りをする際には、二排二拍手一排という作法が非常に大切なマナーです。こうしたマナーを守るというのは、神様に対する敬意を表す意味合いがあります。従ってマナーを怠ってしまうと、神様に子供の成長と健康をお祈りする意味がないということに繋がります。

まとめ

子供を持つ親としては七五三は大切な行事の一つです。今回ご紹介したようなことを参考にされながら、滞りなく済ませて下さい。
ほかに、結婚内祝いについてまとめた記事もございます。→結婚内祝いのマナーは?金額は?どのタイミング?